ブログを成長させるために「自分」を崩す必要はない

E-A-T と記事を書くときの目線について少しお話します。